サーファーガールになるためのマナーと道具について
2014年5月2日
最新”高画質!小波でのサーフィン動画まとめ!テクニックやコツも紹介
2014年5月4日

40代からサーフィンを始めるなら知っておきたいこと

はじめに

サーフィンを始めたいけど40代の自分ができるのだろうかと不安な方もいると思います。

海に入れば分かりますが、50歳、60歳の方がたくさん入っていますので、歳だからダメということは絶対にありません。中年の場合、パドルが楽でゆったりしたサーフィンが出来るという意味からロングボードをやっている人が比較的多いです。

 

ロングボードがオススメ

40代からサーフィンを始めようというかたはロングボードがオススメです。ロングボードはショートボードと比べてパドリングが早く安定感もあるので比較的簡単にサーフィンをすることができます。ショートボードで頑張って練習するよりロングボードの方が楽しくサーフィンができると思います。

 

道具

サーフィンは見た目以上にハードなスポーツです。そのため資金的に余裕があるのであれば道具にはこだわった方がいいです。例えばサーフボードやウェットスーツ、シャワー、ポンチョなど少しでも快適になるのであれば道具を使った方がより快適で楽しくサーフィンができると思います。

 

場所

関東だったら湘南がオススメです。湘南は波そんなに強くなく、波を奪い合うような雰囲気はあまりないのでオススメです。

 

まとめ

サーフィンは年齢を選ばずに楽しめるスポーツです。ロングボードなら比較的簡単にサーフィンを始めることができるでしょう。サーフィン後のビールは格別ですよ。

 

ただ、サーフィンが難しいのは海には自分以外の人がたくさんいて、その人達の邪魔にならないように注意を払いながら練習しなくてはいけないということです。スキーならば人のいない安全な場所で練習が出来ますが、サーフィンで人のいない所といえば波がないとか岩がゴロゴロしていて危険とかいわゆるサーフィンが出来ない場所なのです。したがって必然的にサーフィンが出来るポイントでやるわけですが、初心者はどうしても岸よりにいるので沖からくる他のサーファーの邪魔になったり、自分が乗ることに精一杯なのでまわりが見えず、悪気はなくても結果的にルール違反者になってしまっている事が多々あります。またサーフィンはスキーなどの他のスポーツと違って、ルールを知らない初心者を優しく受け入れようとする風潮がありません。むしろルールを知らない人やポイントによってはよそ者を排除しようとする雰囲気があります。相手にもよりますが、たちの悪い人とトラブルになるととても厄介なことになります。

 

そのような事態にならぬよう楽しくサーフィンをするためにはスクールがもってこいだと思います。

 

スクールは基本から丁寧に教えてくれますし、スクール生が入っていると他のサーファーがよけてくれますので他の人に邪魔されずに練習ができ、その点が一番良いと思います。

 

ひとりで参加している人もたくさんいるので気軽に行ってみて下さい。1度だけではなく2度、3度と参加すればインストラクターとも親しくなれるので色々なことを教えてくれると思いますよ。

 

そして、ある程度スクールで経験したら波の小さいスネぐらいの時に行きましょう。スネぐらいでも

 

波質がよければ十分に楽しめます。素人の人はすぐに波の高さで判断しますが、サーフィンは高さより質の方が大切なのです。いくら波が高くてもサーフィンに不向きな波では波に乗れません。波が小さいと海もすいていますし、中上級者が少ないので十分な練習ができます。そして何よりも良い運動になります。是非挑戦してみて下さい。