最新”高画質!小波でのサーフィン動画まとめ!テクニックやコツも紹介
2014年5月4日
初心者必見自分のレベルにあったサーフボードの見分け方
2014年5月12日

サーフィン初心者必見!テイクオフの仕方がわかる動画

始めに

サーフィンがしたい!!という方やサーフィンを始めたばかりの初心者の方にわかりやすくテイクオフの仕方とタイミング、波に合わせた応用テイクオフの動画をまとめて紹介します。

テイクオフが上手くなるとライディングも上達するので是非チェックして見てください。

 

トッププロが教えるテイクオフの仕方がよくわかる動画

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=G9zIraI-YwY?rel=0?start=140&w=560&h=315]

最年少でワールドツアーを制し、最年長でワールドツアーを制した現役トッププロサーファーのケリー・スレーターがテイクオフの仕方をわかりやすく教えてくれています。

手順を追ってテイクオフの仕方を説明します。

 

  1. 手を胸の横につく
  2. 腕立ての要領で体を起こす
  3. 片足を胸のあたりまで引き上げる
  4. 上体を起こす

 

これがテイクオフの基本動作になります。

2の動作の時はサーフボードを波に押し付けるようにするのがポイントです。

ポイントは進行方向に対して上半身が正面を向いていることです。なので上半身を90度くらいひねったような体勢になります。

テイクオフの雰囲気は掴めたかと思います。しかしテイクオフの基本動作を習得するだけではテイクオフが上手くいかないのが難しいところ。テイクオフを成功させるためにはテイクオフができる波のタイミングに合わせなければいけません。波に合わせられるようになるとテイクオフがとても簡単になるのでマスターしちゃいましょう。

次はそんなテイクオフのタイミングを紹介します。

 

波に乗るタイミングがわかる動画

 

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=hcHWWBWdzzc?rel=0]

波に乗るには波が崩れる直前を狙ってテイクオフすることがポイントです。波が割れてしまうと波の斜面を走ることができないので波が割れるタイミングを予測してテイクオフしましょう。波の割れ方やスピードは入る海によって違うので海に入る前に波の割れ方や潮の流れを確認するのは非常に重要になります。

まとめると

 

  1. 波の割れるギリギリに予測しながら移動する
  2. 波を最後までしっかり見ながらテイクオフのタイミングを崩れる直前に合わせる
  3. 波の割れていく方向(割れていない方向)を確認してからテイクオフする

 

この3点がテイクオフのタイミングでは重要なポイントです。

波の割れ方や速さは波によって違うためタイミングやテイクオフの仕方が変わてきます。

波に合わせて行うテイクオフはちょっと難しいので最初は崩れた波でテイクオフの手順を練習するのもいいと思います。しかし慣れたらすぐに崩れる前の波に乗る練習を始める方がいいと思います。まっすぐに波の斜面を降りれるようになった次はいよいよ波の斜面を横に走りましょう!

波を横に走るためのテイクオフ

 

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=J6K_asOeuZw?rel=0&w=560&h=315]

ポイントはテイクオフの時点で行きたい方向にサーフボードを向けてしますことです。こうすることでターンができないうちから波の斜面をはしることができます。

つまり

 

  1. 波の割れるギリギリに予測しながら移動する
  2. 波の割れていく方向(割れていない方向)を確認してサーフボードをいきたい方向に向ける
  3. 波を最後までしっかり見ながらテイクオフのタイミングを崩れる直前に合わせる
  4. テイクオフする

 

ちなみにテイクオフのギリギリまでパドリングはしています。

いきたい方向に加重するためいきたい方向よりにたつのもテクニックです。

 

トッププロのテイクオフ動画

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=6AVo9VdlY6Y?rel=0?start=205&w=560&h=315]

 

ケリー・スレーターのハワイでのテイクオフ動画です。速くて掘れた波なのでバタ足もしていますね。

これはハワイのノースショアの掘れたパワフルな波のためパドリングが速くないと乗れない難し波です。

 

まとめ

 

テイクオフの手順からタイミングまでテイクオフの仕方が一通りわかるように動画を集めてみました。

テイクオフの手順からタイミングとテイクオフする場所の選び方やトッププロのハワイ・ノースショアでのテイクオフ動画を紹介しました。

テイクオフが上手くなると余裕が生まれ波を観察する時間が出来るのでその後のライディングも上達するので頑張りましょう。