初心者必見自分のレベルにあったサーフボードの見分け方
2014年5月12日
サーフィン初心者必見季節ごとに必要な道具
2018年1月12日

はじめに

サーフィンは夏にするものというイメージを持っている方も多いでしょうが、北海道やノルウェーなど寒い地域でもサーファーがいます。波がよければどこでもサーフィンをするのがサーファーです。

今回はなぜ初心者がサーフィンを冬から始めることがいいのか?どんなメリットがあるのかを紹介していきます。

夏ほど混まない

初心者にとって混んでいるビーチはいい練習場所ではありません。たくさん波に乗れた方が当然サーフィンは上達します。

波がいい

日本の真夏には波があまり立ちません。それに比べ冬は波がこんなスタントに立ちやすく、他の季節と比べても初心者に適したサイズの波が割れる頻度が多いです。

日が昇るのが遅い

朝方と夕方は比較的風がなくコンディションが良くなることが多いためサーファーは早朝や夕方を狙ってよくサーフィンをします。

日が昇るのが遅い冬は夏に比べると朝起きる時間が遅くていいので少し楽ではないでしょうか。

風邪を引かない

冬のサーフィンは実際、一年を通していちばん過酷かもしれません。しかし、冬にサーフィンをすることで寒さに打ち勝つ丈夫な体をつくりあげることができます。\r\n\r\n \r\n

差をつけられる

サーフィンが上達が難しいスポーツです。継続的にサーフィンをすることで夏に始めるサーファーに大きく差をつけられることは間違いないです。また、夏に比べてサーファーも少なく、波もいいことが多いので、波に多く乗ることができるでしょう。

正月サーフィン

年越しサーフィンや正月サーフィンは冬にサーフィンをする醍醐味ではないでしょうか?

湘南の方では天気が良ければ富士山も海の中から見ることができ非常に綺麗です。

季節を感じる

サーフィンは自然で遊び、自然を感じるスポーツです。冬を感じながらサーフィンができるというだけでも日本の四季をより感じることができます。

一年を通してサーフィンしてこそサーファー

最後は精神論見たいですが、一年を通してサーフィンしてこそサーファーです。サーフィンは上達が難しいスポーツです。継続的にサーフィンを続けないと中々サーフィンは上手くなりません。

逆に継続的に続けていればどんどん成長していきます。

まとめ

今回は冬にサーフィンを始めるメリットについて紹介しました。

冬は比較的サーファーの数が少なく、波もいいのでサーフィン上達に適しています。また、夏に始める多くのサーファーに差をつけることができます。

ここまで冬のメリットのみを紹介してきましたが、ここでデメリットも紹介して起きます。

冬はウェットスーツやグローブなどコスト面では夏よりかかります。また上記でも書いた通り冬のサーフィンは夏よりも過酷かもしれません。しかし、そのぶんサーファーの数も減るので初心者がサーフィンを始めるのにはいい季節だと思います。

それでは頑張ってください。