インドネシアにサーフィンしに行くなら知っておきたい言葉

おしゃれ!かわいい超絶美女サーファーガール22人!!
2018年1月17日
ローリングの仕方”初心者サーファー必見!パドルアウトが簡単になる!!
2018年1月18日

インドネシアにサーフィンしに行くなら知っておきたい言葉

出典:pinterest

はじめに

今回はインドネシア滞在一ヶ月目の私が普段使っている絶対使うインドネシア語を紹介していきます。

インドネシアはバリ島やロンボク、ニアスなどサーファーにとっていい波が豊富な楽園のような場所です。インドネシア語はサーファーにとって覚えておくと非常に便利だと思うのでこの機会に覚えていきましょう。

数字の読み方を覚える

数字をインドネシア語で言えることは買い物をするときに非常に便利です。観光客に対しては多くのお店が通常より高い値段を提示して来るものです。

インドネシア語の数字の良き方がわかれば他の現地の客がいくらで買うかも会話の中からわかります。

また、現地の人向けのお店では英語を話せない場合も結構あります。そんなときに数字だけでもインドネシア語で言えたら買い物はできますよね。

まずは1から10までを覚えましょう。

1;サトゥ

2;ドゥア

3;ティガ

4;ウンパ

5;リマ

6;ウンナム

7;トゥジュ

8;ドゥラパン

9;スンビラン

10;スプル

11から19はブラスを最後につけます。

例えば15;リマブラス

と言いた感じです。

20から90はプルを最後につけます。

例えば50はリマプルになります。

ちなみに55はリマプルリマです。

100から900はラトゥスを最後につけます。

例えば500はリマラトゥスになります。

ちなみに100の場合は少し変化してスラトゥスになります。

1000から1000、000はリブをつけます。

例えば5000の場合はリマリブです。

1000の場合は100と同様にスリブになります。

10、000はスプルリブになります。

100、000の場合はスラトゥスリブになります。

まとめると

10〜19はブラス

100〜900はラトゥス

1000〜100.000はリブ

を最後につけます。

最初から少し覚えることが多いかもしれませんが、以下は単語ひとつずつなので覚えるのもそんなに難しくないと思います。

値段を聞く

数字を覚えたら次は値段の聞き方を覚えていきましょう。

ブラパ

です。

何かをさして言う場合は

ブラパ イニ

などと言います。

押し売りにあった時の断る

インドネシア・バリ島ではよく観光客にひたすらくっついて来てミサンガなどを売ろうとする人も少なくありません。

そんな時は

ティダ・アパアパ

です。この言葉は本当に何もいらないと言う少し強目の言葉になります。なので大抵はこの言葉を言うとひつこい物売りも諦めます。

インドネシア語で挨拶をする

英語で言うhow are you?みたいな言葉がインドネシア語にもあります。

アパル・カバール

です。返答は

バイ

です。英語で言うgoodのような意味です。

疲れたとき

楽しい旅行中でもやっぱり疲れる時もあるでしょう。

チャペ

疲れたの意味です。この言葉はサーフィンしにインドネシアに行く際に私はよく使います。

現地の人にサーフィンどーだった?

話しかけられた時や疲れてそうな人に

チャペ!

と声をかけると笑って話してくれますよ。以外に使う機会も多いので一応紹介しときました。

まとめ

今回はインドネシアに観光やサーフィンで行く際に特に知っておくと便利なインドネシア語を紹介しました。

今回紹介した、数字や値段の聞き方は覚えておくと非常に便利なのでサーフィンをしにインドネシアに行く際は是非覚えて行くことをオススメします。