インドネシアにサーフィンしに行くなら知っておきたい言葉
2018年1月17日
初心者サーファーがやりがちな”ノーズダイブ ワイプアウト”をしないためのコツ
2018年1月18日

ローリングの仕方”初心者サーファー必見!パドルアウトが簡単になる!!

出典:barefootsurftravel.com

はじめに

ここではどうやってローリングをするのかを紹介していきます。ローリングは大きなサーフボードでゲットする際に必須のテクニックです。

サーフィンにおいてゲットするためのテクニックとパドリングは非常に重要です。ローリングをすることで波をかわしながら簡単に素早く沖に出ることができます。

海でサーファーが水の中にサーフボードごと潜るのを見たことがある方もいるかもしれませんが、それはドルフィンスルーという小さいサーフボードに有効なテクニックです。

しかし、最初は大きなサーフボードでサーフィンを始める方が楽しくより簡単に始めることができるため、一般的に初心者サーファーの使うサーフボードにはこのテクニックは使えません。

初心者が沖に出る際にオススメなのが今回紹介する、ローリングという方法です。

初心者サーファー必須のローリングのやり方

1波に対してまっすぐパドリングをする

波に対してまっすぐにローリングを行うことでバランスを崩すことなく波をかわすことができるので、できるだけまっすぐ波に対してパドルしていきましょう。

2サーフボードを傾ける

波が近づいてきたら肩の少し上あたりのサーフボードの端(レール)を持ち、サーフボードの先端(ノーズ)を鎮めます。

3レールにワックスを塗るのもあり

サーフボードの端(レール)にワックスを塗るのは良くないというサーファーの方もいますが、初心者のうちはサーフボードの端にワックスを塗るのもありです。

サーフボードの端にワックスを塗ることでサーフボードが持ちやすくなります。

4サーフボードをローリング

波がいよいよ近づいてきたらサーフボードを返していきます。腕を立てながら全ての体重を片方の端に思い切り乗せていきます。テコの原理でサーフボードがひっくり返っていきます。

腕をゆっくり立てて行くとより簡単にサーフボードを沈めることができます。

 5サーフボードにくっついて波をかわす

ローリング中はできるだけサーフボードと体の間にスペースを作らないようにします。そうすることでサーフボードにつかまりやすくなります。

6水中ではあわてない

サーフィン初心者の方や水泳などの経験がない人は水中で慌ててしまうことがよくあります。しかし、慌てると息が続かなくなります。

水中では落ち着いて波が過ぎるのを待ちましょう。また、足をサーフボードに巻きつけたりせず、手だけでサーフボードの端(レール)に掴まりましょう

7波に戻されないように足を使う

波が過ぎる際に足を平泳ぎの要領で使いサーフボードと自分を前に押し出します。そうすることで波に押し戻されずに波をやり過ごすことができます。

8元の体勢に戻す

両腕をサーフボードの端(レール)に置き、片腕を引きつけ、片腕でサーフボードを押しながら足を使い体を水上に押し上げていきます。

9全力でパドリング

ローリングで波をかわし切った後は波が崩れる場所より沖を目指して素早くパドリングをして他のサーファーがいるあたりまで漕いでいきます。

最初は崩れた波(スープ)で練習してみるのもオススメです。

“サーフィンがしたい!!”ではサーフィンを始めたい方からサーフィン初心者に役立つ情報を随時公開していきますので良かったらみてください。またfacebook、instagramにもアカウント名;surfingashitai で掲載されていますのでそちらもよろしくお願いします。

まとめ

サーフィンをするためには波をかわすテクニックが必ず必要になってきます。ローリングは初心者や初めてサーフィンをする方に非常にオススメのテクニックです。

上記に書いた方法とコツを使って挑戦して見てください。沖に出るのがかなろ簡単になるはずです。

“サーフィンがしたい!!”ではサーフィンを始めたい方からサーフィン初心者に役立つ情報を随時公開していきますので良かったらみてください。またfacebook、instagramにもアカウント名;surfingashitai で掲載されていますのでそちらもよろしくお願いします。