うまいサーファーが上達するために無意識にしていること

お気に入りのサーファーを見つけてサーフィンを上達させよう
2018年1月21日
サーフィンに重要な筋肉と筋トレ方法
2018年1月21日

うまいサーファーが上達するために無意識にしていること

出典:pinterest

はじめに

今回はサーフィンがしたい人やサーフィンが上達しない初心者サーファー、新しい趣味が欲しい40代ー50代の方におすすすめのうまいサーファーが無意識にしてきたサーフィン上達のコツを紹介していきます。

サーフィンは特異なスポーツ

サーフィンは基本的には個人で全てが完結するスポーツです。サーフィンをしてみたいと思う人が多くてもなかなか一人前のサーファーになれる人がいない一つの理由かもしれません。また、海に行かないとできないため住む環境や仕事によってもなかなか始めにくい趣味なのではないでしょうか。

ここで抑えて欲しいのはサーフィンが個人で完結するスポーツだということです。

絶対にやめない

当然ことのように感じる方もいるかもしれませんが、一番重要なことだと私は思います。サーフィンは忍耐力のいるスポーツです。諦めずなりたいサーファーやできるようになりたいサーフィンを何度も練習してみてください。

間違いなく上達します。

サーフィンを極めるためにかかる時間は決まっている!?10、000時間ルール

怒られてもひるまない

サーフィンでのマナーについてネット上でも多く紹介されています。サーフィンをするならサーファーとしてルールやマナーを守ることは大事ですが、破ってしまう時や守っていても怒られる時もあります

そんな時、気負けすることなく「うるせ!」と言えなくても思いましょう

怒ってきた相手も必ずあなたと同じ様にルールやマナーを守れなかったことがあります。気を落とさずサーフィンを続けてください。

自己満足を承知の上で楽しむ

友達や周りの人が自分より明らかに技量があったとしても気にしないことが大事です。サーフィンは自分が楽しければそれでいいのです。

スープで立って滑ることしかできなくたって楽しんだもん勝ちです。楽しければサーフィンを続けていけますよね。

恐怖に打ち勝つ

大きい波に乗ったりチューブに入るのは勇気がいりますよね。上手くなるサーファーは恐怖に打ち勝って自分の限界を押し上げてきた人たちです。

無茶をするのは良くありませんが、自分を信じてせめて見ることはサーフィン上達に大事です。

とは言っても怪我をするとサーフィン自体がしばらくできなくなってしまうので気をつけてください。

うまいサーファーの友達を作る

うまいサーファーが近くにいることはサーフィンの上達に非常に効果的です。

サーフィンをしてる時にその場でアドバイスをもらえたり、一緒に入ることで同じコンディションでうまいサーファーのサーフィンを見ながらサーフィンをすることができます。

また、サーフィンの道具を無料、もしくはやすく手に入れることができるところもメリットです。

耐え抜く

初心者にとってサーフィンの大半は辛いです。パドリングやワイプアウトした時、また寒い地域や冬は過酷です。

どんなに辛くても「上手くなるんだ」という信念の基に諦めないことが大事です。

上手くなるサーファーは諦めません。頑固です。ストイックです。

終わりに

いかがでしたか?

今回はネットではなかなか得られないうまいサーファーが無意識にしていることを紹介しました。

サーフィンは何歳になっても始めることができます。しかし、何歳から始めても上手くならない人はなりません。

楽しみながらストイックに続けていければ必ずサーフィンは上達します。サーフィンは上手くなればなるほど見える景色やわかる感覚があります。

サーフィンがしたいけど始められない人、40代−50代の方いくつからでも始めることはできますよ!

“サーフィンがしたい!!”ではサーフィンを始めたい方からサーフィン初心者に役立つ情報を随時公開していきますので良かったらみてください。またfacebook、instagramにもアカウント名;surfingashitai で掲載されていますのでそちらもよろしくお願いします。