サーフィン始めたばかりの人にチェックしてほしい5つのこと
2018年1月21日
うまいサーファーが上達するために無意識にしていること
2018年1月21日

お気に入りのサーファーを見つけてサーフィンを上達させよう

はじめに

サーフィンは上達に時間がかかるスポーツの一つです。理由はいくつかありますが、その一つにはライディング時のイメージが足りないことが挙げられます。

お気に入りのサーファーや好きなスタイルがあるとライディングのイメージもよりしっかり持つことができます。そこで今回は特に人気のサーファーや特徴的なスタイルなサーファーを紹介していきます。

カービングがかっこいいサーファー

ジョディスミス

南アフリカ出身のwsl(世界サーフィンツアー)に参戦するプロサーファーです。ジョディはエアリアルのロデオフリップやフルローテションなどのトリックも得意ですが、最近はフルレールのカービングターンにも定評があります。

奥さんは南アフリカ出身のスーパーモデルです。

ジョエルパーキンソン

オーストラリア出身のwslに参戦するトッププロサーファーです。2012年のwslでは1位に輝きました。”パーコ”の愛称で親しまれています。

カービングの上手い選手をあげるなら間違いなく名前が出てくる選手です。

joelparko.comでパーコのライディングや詳しい紹介を見ることができます。

クレッグアンダーソン

hayden shapeの看板ライダーで長髪にスリムな体型とモデルのようなスタイルからは想像がつかない攻めたサーフィンをするフリーサーファーです。

エアー も上手ですが、全身を使った大きなカービングやしなやかなカービングターンも非常にかっこいいサーファーです。

マットアーチボルト

ハワイ出身の元祖フリーサーファーで、彼の首にはbuild for speedとタトゥーの文字が入っています。 エアーからチューブ、カービングまで超かっこいいサーファーです。

”アーチー”という相性で親しまれています。

アンディアイアンズ

今は亡き伝説的なサーファーです。ケリースレーターやタジバロウの年代のトッププロサーファーです。かなりサイズのある波でもリップからカービングまで簡単に決める、大きい波に定評のあったサーファーです。多くのサーファーから人気のあるサーファーです。

今でもyoutubeにたくさんの動画が残っているのでぜひチェックしていてください。

エアーがかっこいいサーファー

ジョンジョンフローレンス

ハワイ出身の天才サーファーです。ハワイの大きな波で見せるエアリアルは圧巻です。

2016年初めてwslでツアー優勝を果たしました。

ガブリエルメディーナ

ジョンジョンフローレンスのライバル的な存在の同い年のプロサーファーです。ジョンジョンよりも一足早く2014年にツアー優勝を果たし、ブラジル人初の快挙を成し遂げた英雄的サーファーです。

現在はブラジルにサーフィンスクールを開設し、将来有望なグロムたちの育成にも力を入れています。

フィリップトレド

2015年のゴールドコーストで行われたwslシリーズ第1戦でコンデイションのよくないなか他の選手を圧倒し優勝したことで一躍有名になったブラジリアンサーファーです。

浮遊感のあるエアーはとても格好いいです。また、リップアクションも得意なサーファーです。

ジュリアンウィルソン

オーストラリア出身のwslに参戦するプロサーファーです。非常にアグレッシブなサーファーで、エアーに定評があります。

高さのある大きなエアーはサーフィンのイメトレにはなりそうにないですが、非常にかっこいいです。

ケリースレーター

 

フリンノバック

ハワイに住むフリーサーファーです。大会にはほとんど出場せずに写真や動画投稿で賞金を稼いでいるサーファーです。

そんなフリンノバックはアーリーウープが非常にうまいサーファーです。

リッピングがかっこいいサーファー

ミックファニング

世界一リップアクションが速いと言われるトップサーファーです。彼に憧れるサーファーは多く、ファンも多いサーファーです。去年くらいにオーストラリアの国民栄誉賞的なものも受賞しました。

ケリースレーター

キング・ケリースレーターです。オールラウンドなサーファーで、お手本のような綺麗なサーフィンを見せてくれるのでサーフィンはじめの方にもぜひ見てほしいサーファーです。

クレイマーゾ

アスペルガー症候群のプロサーファーとして有名ですが、サーフィンは天才的にうまいです。大会や人の多い場所でのサーフィンを好まないのでサーフムービーくらいでしかみることができませんが、スタイルのある段違いのサーフィンをします。

ロブマチャド

日本人サーファーに非常に人気のフリーサーファーです。世界サーフィンツアーwslで2位になったこともある実力はサーファーですが、現在はフリーサーファーとしてサーファーの理想のような生活をしています。

毎年乾季のバリでよくサーフィンしているそうです。

スタイルがかっこいいサーファー

マットアーチボルト

ひと昔前の世代のプロサーファーですが、フリーサーファーの先駆者的な存在で、首に掘られた”build for speed”というタトゥーで有名です。

ハワイのオフザウォールをホームポイントとするサーフィンもパーティも派手なサーファーです。

オジーライト

オーストラリアのレジェンド的フリーサーファーです。アーティストやバンド活動もしていて、サーファーの枠にとらわれないサーファーです。\r\n

ロブマチャド

言わずと知れた人気のフリーサーファーです。

サーフムービーでは自らがサウンドを作ったりなどもしているみたいです。

デーンレイノルズ

ケリースレーターがクイックシルバーをやめてしまってからクイックシルバーの看板的サーファーです。常に前衛的な技に挑戦していて、エアリアルやカービングが得意です。

デイブラスタビッチ

\r\n

Three Stones From The Sun – Dave Rastovich from Desillusion on Vimeo.

ビラボンをメインスポンサーにもつフリーサーファーです。最近はレトロツインでサーフィンする動画がよく配信されています。

ブルースアイアンズ

世界ツアー参戦中に飛行機でなくなってしまった伝説的なサーファーのアンディーアイアンズの弟です。

アンディと同様ブルースも世界ツアーwslに参戦していましたが、すぐにツアーを退き、フリーサーファーとしてサーフィンの可能性を押し上げているサーファーです。現在はvolcomメンバーの一人として活動しています。

フリンノバック

ハワイのフリーサーファーで、はでなエアーやカービングが得意です。あまりメディアへの露出はありませんが、魅力的なサーファーの一人です。

まとめ

いかがでしたか?

今回はカービングがかっこいいサーファーとエアリアルがかっこいいサーファーとリッピングがかっこいいサーファー、スタイルがかっこいいサーファーに分けて紹介しました。

もちろん国内や他にも多くのカッコイイーサーファーがいるのできになる方はチェックして見てください。