初心者におすすめのサーフスポットランキング【太平洋側】
2018年7月22日
サーフィンは準備が大事!初心者がサーフィン前にやるべきこと
2018年10月15日

初心者におすすめのサーフスポットランキング【日本海側】

1-1.初心者におすすめのサーフスポット(ポイント)【日本海側】

サーフィンを始めると、夏には太平洋、冬には日本海側でサーフィンができるという知識がつきます。
気圧配置や季節ごとの風向きでどんな波が立つかが海によって変わってくるため、こう言われることが多いようです。
日本海側の場合、冬がサーフィンに適した波が多いと一般的に言われています。

ただ、地域によっては日本海側でもオールシーズンサーフィンが出来るポイントはありますし、季節が限定されてても絶好のポイントと言える場所が多くあります。
その中から特に初心者向けのポイントを、日本海側に絞ってランキング形式でお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1-2.【1位】山口県 大浜海水浴場

山口県のメインスポットとして名高い大浜海水浴場の「大浜」と呼ばれるポイントです。
基本的に海底は砂ですが、一部岩場となっているのがネックです。海に入る前に、どこだと危なくなってしまうポイントなのかチェックできるといいかもしれません。
地形のによっては上級者むけの波が割れる事もありますが、日によっては乗りやすい波も多く初心者でも乗れる波が来ますので、ぜひチェックしてみてください。

駐車場から見る海岸の景色が絶景と言うことでも人気です。また運が良ければ、イルカの群れと出くわせるかもしれません。
対馬海流の影響で比較的水温が高いのも魅力的です。夏場でもサーフィンができるポイントでもあるので、ここが近場ならぜひ練習に通ってみてください。

1-3.【2位】鳥取県 白兎海岸

「因幡の白兎」で有名な白兎海岸です。地元のサーファーに愛される土地で、全国からもサーファーが訪れる海岸です。
冬の波の状態が非常にいいのですが、積雪が多く遠方から車で向かうことが難しいため、近場の方にとっては絶好の練習ポイントとなっています。

整備されたビーチで景観も良く、初心者向けの波も多いポイントになります。海底が砂なので怪我のリスクが減らせるのもおすすめポイントの由縁です。
夏はあまり波が立ちにくく、海水浴場としてサーフィン禁止になってしまうため、秋から冬に波情報をチェックして通い詰めるのがおすすめです。

1-4.【3位】福井県 三国

長い堤防があり、比較的安定した波が多く、初心者にも人気のスポットとなっています。
またインターネットで検索にかけると、多くのサーフィン大会の情報が出てくるのも特徴と言えるのではないでしょうか。

冬場は特に絶好の波が多く、民宿も多くあるため、遠方の方はぜひ一度訪れてみてください。
また慣れてきた方は、近くの「鷹巣五木」というポイントで大きめの波に挑戦するのもいいかもしれません。

駐車場も完備されておりアクセスしやすいというメリットもあるので、3位にしました。

1-5.【4位】新潟県 五十嵐浜

新潟県の中でも有名なサーフィンポイントとなります。冬の季節風が落ち着いた頃が絶好の機会として知られていますので、冬のサーフスポットを探している方におすすめの場所です。
波質が優しく、初心者の方でも乗りやすい波が多いため練習にはもってこいと言えそうなポイントになっています。

駐車場は完備されていますが、トイレやシャワーはまだ完備されていません。事前に休めるスポットを確保するのがよさそうですね。
また風によってはかなり強い流れが発生してしまうので、テトラの外側には出ないようくれぐれも注意してください。
ここに行くと決めた場合、事前に危険なスポットと天気や波の情報をチェックしたり、ローカルの方やサーフショップの方に尋ねることができるといいですね。