サーフィンは準備が大事!初心者がサーフィン前にやるべきこと

初心者におすすめのサーフスポットランキング【日本海側】
2018年7月22日
初心者におすすめのサーフスポットランキング【九州】
2018年10月15日

サーフィンは準備が大事!初心者がサーフィン前にやるべきこと

1-1.サーフィン前に初心者がやること1

いざサーフィンを始めよう! となったら、まず何からすればいいのか? それをまとめてお伝えしますね。
まずはアイテムの準備が必要になります。

ボードやボード関連のアイテム、ウェットスーツなど。これは中古でも問題ありませんし、スクールに行けばレンタルさせてくれるところも多くあります。
最初から全部揃えるとなるとけっこうな額になってしまうので、まずはレンタルで始めてみるのもいいかもしれません。

ただ、ウェットスーツの下に着用する水着や日焼け止めは自前での用意が必要になる場合がほとんどなので、それだけは揃えるようにしてください。
特に日焼け止めですが、美容のためもありますし、かなり日差しがきついので火傷や皮膚炎の防止目的がほとんどです。自分の肌に合うものを持参するようにして下さい。もちろんウォータプルーフのものを選んで下さいね。

1-2.サーフィン前に初心者がやること2

スクールが近くに無い、最初から一人でやりたいという場合もあると思います。もちろん独学で学ぶことはできますが、どんな潮の流れが危なくてどんな波が乗りやすいのか……などを初心者が判断するのはなかなか難しいです。
そのため、できれば、自分のサーフィンに同行してくれるサーフィン経験者を探せるといいですね。現地で声をかけ、海について教えてくれる人を探すのもいいですし、今はSNSなどもありますので、それらを利用するのも手です。

身の安全のためにも、初回やまだ海に慣れないうちはなるべく一人で行かないようにするのが得策です。

1-3.サーフィン前に初心者がやること3

サーフィンは実は、かなり筋肉を要するハードなスポーツなんです。特に初心者はこのサーフィンのための筋肉が無く、せっかく海に来ても成果が出せず……なんてことがあります。
サーフィン前に鍛えるべき箇所は、まず肩回りの筋肉です。パドルと呼ばれる動作がサーフィンに重要になりますので、そのための筋肉ですね。

そしてあとは心肺機能。ジョギングなどの有酸素運動と筋トレを併用し体力造りができるといいですね。
できれば、サーフィンを楽しむためにも、サーフィン前から鍛えて備えておけるとベストです。

1-4.サーフィン前に初心者がやること4

海に行く日が決まったら、その日に向けての体調管理が重要になります。特に女性の場合、男性と比べるとどうしても体調管理が難しい場合がありますが、なるべく気を付けて当日はベストなコンディションで迎えられるといいですね。
栄養バランスの整った食事、自分の身体に適した睡眠、適度な運動……日頃から少しの心がけでいいので、健康管理を気を付けはじめてください。

そして海は自然を相手にするスポーツ。少しでも体調に気になることがあれば、その日のサーフィンを諦める勇気を持ちましょう。

1-5.サーフィン前に初心者がやること5

サーフィンする日に向けて、アクセス方法はもちろん、スポットの波情報などをチェックするのも大事になってきます。
そして何より大事なのは天気予報。慣れてきたら風速や風向きなどで波をある程度読めるようになりますが、その前段階として、気圧について意識できるといいですね。

風は高気圧から低気圧に向けて発生します。前線の有無で発生する風も変わってきますので、ニュースなどで意識して見てみるのをおすすめします。
また現在は、インターネットでサーファー向けの波予測サイトも多くありますので、それらを活用してみてください。

突発的に予定が空いて体調も良く、サーフィンに行こうと決めたとき、波の予測が出来れば今日のいいポイントを探せるようになりますよ。

 

まとめ

いかがでしたか。まずはやってみるのが良いともいます。一度やったらその魅力を感じる事ができると思います。最低限の準備は必要ですがまずはサーフィンをやってみて下さい。